If you expect me.日記

速度、デイリー生命、想像力のスケール。

 

すべて確かな限度を数えるBreakで、私が走るための恐れと否定No場所でさえ置き去りにする。

 

Breakを外へ外へと押しやりける毎日に、

己の限度がFlipで、少しも肉薄する理由を克服しないSceneが連続した場合の想像力に問う。

 

高さで縮尺ばかるもの達は、速度を上げるDoingをまず学びます。

次なるは意気揚々に我の身をUproundし、その目的がAdvanceであった事も忘れやる。

 

走るためのNo場所が、動くに新しいものは輝きに満ち満ちており、

感じると少しも結論しないという恐れと否定と同じで、

もはや彼女の直線的な原子構造に、かの伝説の波乗りのラストランの心情を思ふ。

 

そのIは私の身体を振動させます。あなたのリズムを読み取り打つIは言うなれば謙虚である。

逆にIは脳および円ドルフィンを振動させる。私の位置にあなた自身を入れる。

 これも言うなれば、いまだ謙虚であると言える。

 

現実的、静止、動的、going、

私が言いたいことは、Iがエネルギーに望むということです。

あなたは閾下で、与えて、乞うて、焦がれて、望み、いつか全てを習熟させるまで。

 

If..

 

キミガ望ムノナラ。

キミガ望ムノナラ。

キミガ望ムノナラ。

キミガ望ムノナラ。

 

ココロ生キルノナラ。