エンドルフィンパスとブレインチャージャー日記

 

 

 

Do'nt'速度の規模。

日常生活、想像、規定労働時間休憩中のすべて。

 

範囲の任意の数。

確かに恐れと否認と共にさえ、わたしはうち勝つだろう。

 

実行するべき場所はない。

破損を実行する理性はない。

 

範囲の任意の数。

自制を失う、自分の心臓を弾く。

 

I say,,,

 

「誰も私よりそれを得ることはできませんでした。」

 

「知っています、知っています。」

 

 

 

私のエンドルフィンパスを持っていた、あなたの上下で私は生きているのである。

 

 

Do'ntを学習する。

高速の規模、日常生活、想像、直線破損中のすべて。

 

範囲の任意のnunberのみが確かに、恐れと否認と共にさえ勝つだろう。

 

実行(実行するべき理性なし)でいられる場所はありませんでした。

 

今、新しい感覚にそこに、

いみじくも自制を失う。自分の和音を弾く。

 

 

I say,,,

 

 

 

「誰も私よりそれを、こんなにも力強く得ることはできませんでした。」

 

「知っています、知っています。」

 

 

 

私のブレインチャージャーを持っていた、あなたの左右に私は生きていくのである。

 

 

 

 

I think so.

  非常に小さな時間と非常に学習されたデストルドー。

 

習慣なしで、ウサギ風ワウ・ミックスなしで、

私のディストーション気味のワウ・ミックスのみで最上のレベルに包まれる喜び。

 

 

 

私はそれを愛と名付けやう。

 私はそれを愛と名付けやう。