僕らの人生の今は何章目くらいだろう?そんなんわかんねー日記

よかれ悪かれ言いたいことを全部言う。
(逃げちゃダメだ。)
気持ちいい風を 魂に吹かす。
(今宵の渋谷の風のやうに。)
今はどの辺りだろう?
(己に問え。)
どの辺まで来ただろう?
(振り返る時間もたまにはいいさ。)

僕の人生の今は何章目ぐらいだろう?
(何度考えても答えなんかでやしねぇ。)

アホな冗談で涙流して笑う。
(今日は本当に楽しかったなぁ?)
屁みたいな歌を大きく歌う。
(伝わったかなぁ?)

今はどの辺りだろう?
(逆算の得意な大人にはなりたくねー。)
どの辺まで来ただろう?
(飛行機で一時間半くらいさ。)

僕の人生の今は何章目ぐらいだろう?
(死ぬまでには?)

朝が 昼が 夜が 毎日が
(二度と戻らない今日が!)

それぞれに いとおしい
(全てを愛せそうな気がして来るほどに。)

君が 彼が あいつが 誰かが
(お前に言ってるんだぜ?)
それぞれに いとおしい
(かわりはいねーからな。当たり前やけど。)

何気ない その笑顔を
(ほら、まだまだ笑えるだろ?)
頼もしい 奴の声を
(変わってないなぁ。。という言葉の優しさ。)
変わらない この心を
(毎年同じ話しをしよう。)
とめどない あの涙を
(色々なかったやうで色々あったな。)
忘れたい 昔の事
(置き去りにしてきた思いとか。。)
ゆずれない 初恋の事
(もう大丈夫。天体観測はもうやめにして。)
わからない あの出来事
(本当は少し好きだったんだぜ。)
しょうもない 昨日の事
(無条件で信じる心。それが。。)

叫びたい でかい声で
(ひとつ!ふたつ!みっつ!夏男!!!)
つかみたい 力尽くで
(その穴は俺のだ!!)
遊びたい 一晩中
(キャンプ楽しみやなぁ。)
眠りたい 君の横で
(ただいま。)

いつまでも 図々しく
(それが僕たちのバランス。)
どこまでも 明日はつづく
(今日より明日、明日より明後日!)





と、、行こうじゃないか。なぁ??
友よ、君よ、夏の終わりよ。

さぁ

行こう。

さぁ。


夏がくる度、集まろう。

「あの小説の中で集まろう。